工程

2008年03月31日 21:03

DSCN3201_convert_20080331210122.jpg

↑過去作品


このブログを見てくれている友達からいつ作品は焼きあがるの?

写真のはあれで完成なの?

というご質問が。。。

そうですよね。陶芸をしたことのない方はわからなくて当然です。

陶芸は工程がたくさんありあましてね。

今までの写真の作品はすべて生の粘土の状態です。

ざっと簡単に言うと、形を作る、削る、乾燥、素焼き(700度)、釉薬(うわぐすり)をかけ、本焼き(1230~1250度くらい)。

んで完成です。

時間も手間隙もとってもかかります。

だからこそ苦しく楽しいのです。


スタッキング小鉢

2008年03月24日 11:23

DSCN3343_convert_20080324111808.jpg

蓋付き小鉢

DSCN3351_convert_20080324111835.jpg

重ねられるようにしてみました。

梅干や薬味なんかをそのまま冷蔵庫に。

主婦の味方。

不思議な子

2008年03月22日 12:57

DSCN3291_convert_20080322125259.jpg

植木鉢です。

多肉植物を植えようと。

以前から作っていた形ですが、もっと突き詰めていきたい子です。

胡桃鉢

2008年03月12日 15:03

DSCN3293_convert_20080312145828.jpg

くるみをイメージしてみました。
片手にころんと入るサイズです。

小皿

2008年03月07日 10:40

DSCN3264_convert_20080307103319.jpg

型を使っての小皿。 

石膏型をまだ作っていないので、お椀にて代用です。

白いのは片栗粉です。カビじゃありあません。

型と粘土がくっつくのを防いでくれる大切なアイテムです。


模様をつけてみました。

手前のなんか「襖」みたい・・・。いえいえ、りんごを割ったイメージです。

ちなみに今はグレーですが、白土です。

豆鉢

2008年03月04日 16:45

DSCN3263_convert_20080304163518.jpg

三つ足つきで削り完了。

DSCN3258_convert_20080304163554.jpg

大きさはこれらい。参)CDです。

ずらりと並べてみました。


素敵なご縁があって、近所のサボテンやさんに作品を置いて頂けることになりました。

本当に嬉しいです。


サボテンやさんはすごく素敵な方で、お話するたびに毎回パワーをもらえます。

こういう人っていますよね!

明るくて元気な「日向」のオーラが出ている方。

どちらかというと「日陰」の私は羨ましく、あやかりたく思います。


植木鉢談義も盛り上がり、目からウロコ状態でとても参考になりました。

陶芸は食器だけではないですしね。

私は植物も好きなので、花器や鉢作りも好きなんです。

あ、ついでに家庭菜園も大好きです。

自宅工房第一号

2008年03月01日 11:08

DSCN3253_convert_20080301105252.jpg

手ろくろが来たので、とりあえず湯のみを作ってみた。
棚がまだ無いので置き場が無いけど。
でもでも早く粘土触りたくて。

今までほとんど電動ろくろで作っていたから、手びねりで作るのもいいですね。
とういか、手びねりは難しい。。。
私の師範は「基本ろくろ、応用手びねり」っておっしゃてたのもよくわかる。

DSCN3252_convert_20080301105323.jpg

こちらはミニ植木鉢たち。
全て5センチ未満。ちっさ。
豆盆栽なんかもやってみたくて。
近所のサボテン屋さんが販売してくれるような?しないような?

これから削りまっす。